スキンケアでニキビ対策

スキンケアでニキビ対策

カテゴリ:[ お肌の対策法について ]

ニキビは嫌な肌トラブルの一つであり、これに悩まされているという人は少なくありません。

ニキビは皮脂の分泌量が増える思春期ごろからでき始めますが、その程度には個人差があります。
また、ニキビができやすい肌質や体質の人は、長くニキビに悩まされることも多いようです。

しかし、適切なスキンケア方法でお手入れすることで、
ニキビの悪化やニキビをできにくくすることが可能となります。

ニキビの原因の一つとして、過剰な皮脂の分泌が挙げられます。
皮脂が多いと毛穴が詰まりやすくなり、
詰まった毛穴に雑菌が繁殖すると炎症を起こしてニキビとなるため、
皮脂の分泌が多いオイリー肌の人はどうしてもニキビができやすくなってしまいます。

そのため、過剰な皮脂を取り除いてやることがスキンケアの基本となります。

洗顔の際にはぬるま湯を使い、ニキビを刺激しないように丁寧に洗っていきましょう。

ただし、皮膚を擦るように洗顔したり1日に何度も洗顔するのは肌を痛めるだけでなく、
皮脂を取りすぎて肌荒れを起こす原因ともなるので注意が必要です。

洗顔後のスキンケアにはニキビを刺激しない基礎化粧品の使用がおすすめですが、
ニキビが酷い場合にはニキビ用のスキンケア製品に切り替えてお手入れすると良いでしょう。

ニキビ用の化粧品にはニキビをできにくくするための
成分や殺菌効果のある成分が含まれています。

ニキビができると、早く治したいがために過剰なスキンケアを行ってしまう人も少なくありませんが、
重要なのは適切なスキンケア方法でお手入れすることです。

ニキビが治りにくい人や次々とできてしまうという人は、
まず洗顔方法と使用している化粧品の見直しから始めていきましょう。