乾燥肌のお手入れ方法

乾燥肌のお手入れ方法

カテゴリ:[ お肌の対策法について ]

乾燥肌とは、肌の水分が不足し、カサつきを感じる状態の肌質を指すものです。
そのため、スキンケアの方法も乾燥肌に適したものを選ぶ必要があります。

乾燥肌の原因としては、もともとの肌質の他に、
誤った洗顔方法や加齢による水分保持機能の低下が挙げられます。

洗顔はスキンケアの基本ですが、汚れを落とすことを重視し、
過度の洗顔を行っている人も少なくありません。

また、洗浄力の強い洗顔料を使用していたり、熱いお湯で洗顔することも乾燥肌の原因となります。

顔の表面に浮いてきた皮脂を洗顔で落とすことは必要ですが、
皮脂には肌内部の水分の蒸発を防ぐ役割もあるため、これを取りすぎると肌の水分が蒸発しやすくなり、
肌が乾燥してしまうのです。

洗顔後、すぐに肌のつっぱりやカサつきを感じるようであれば、
まずは洗顔料と洗顔方法を見直しましょう。

水分不足はスキンケアに使用している基礎化粧品で補うことも可能です。

洗顔後、化粧水や美容液などで水分をたっぷりと補い、
それを逃がさないために乳液やクリームなどで上から蓋をします。

使用する化粧品はヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分を含んだものを選ぶとより効果的です。

加齢による肌の乾燥は避けられないものですが、
日ごろからきちんとお手入れすることで乾燥を抑えることが可能です。

特に紫外線対策は効果的です。紫外線は皮膚のターンオーバーを乱すため、
肌の水分バランスを崩し、肌の老化を促進させてしまいます。

加齢による乾燥肌を防ぐには、紫外線対策と年齢に応じたスキンケア用品を使用し、
適切な方法でこまめなケアを行うことが大切です。