赤ちゃんのお肌を守るスキンケア

赤ちゃんのお肌を守るスキンケア

カテゴリ:[ お肌の対策法について ]

美しく、健康的な肌をたとえる場合、赤ちゃんのような肌と言うことがありますが、
うるおいと弾力があり、キメも細かい赤ちゃんの肌は確かに理想的な肌質です。

しかし、赤ちゃんの肌というのはとてもデリケートなものですから、
スキンケア方法にも注意が必要です。

赤ちゃんの肌は刺激に弱く皮膚も薄いため、
ベビー用のスキンケア用品を使用することをおすすめします。

たとえ無添加のものであっても、大人が使用するものには様々な成分が配合されているため、
肌トラブルの原因となる可能性があるからです。

また、必要以上のスキンケアも肌荒れの原因となりますから、
赤ちゃんの肌の状態を見ながら適切なスキンケア方法を行うことが大切です。

赤ちゃんの肌トラブルとしては、おむつかぶれやあせもなどが挙げられますが、
その原因の一つとして考えられるのが肌の洗浄不足です。

赤ちゃんの肌は敏感だから洗い過ぎないようにしなければ、
と思いがちですが、赤ちゃんというのは新陳代謝が非常に活発なため、
汗もかきやすいし皮膚から出る垢も多いのです。

赤ちゃんをお風呂に入れる際には、
そうした肌の汚れを綺麗に洗い流してあげる必要があります。

お風呂上りのスキンケア方法は過度に行う必要はありませんが、
水分が蒸発しやすい赤ちゃんの肌を守るためにも、
ベビーローションなどをつけてあげましょう。

かぶれやあせものある部分は、特に水気をしっかりと拭き取り、
清潔を保つことが大切です。

肌トラブルは大人でも不快に感じるものですが、
赤ちゃんはそれを我慢することも言葉で伝えることもできません。

赤ちゃんがいつも快適に過ごせるように、お肌を清潔に保ち、
コンディションを整えてあげましょう。